• 2018.8.2

株とスロットどちらが稼げるか

株とスロットではどちらが稼げるかというのは、非常に簡単なテーマです。答えは、「株」の圧勝です。あくまでもデータから見ただけのものですが、その理由をご説明したいと思います。
株式投資の仕組み
証券取引所に上場している株式を売買するわけですが、取引にかかる費用は証券会社に支払う手数料だけです。証券取引所と直接取引をすることはできないので、証券会社に証券口座を開設して、そこで取引を行います。その際に、証券会社に手数料を支払って、株を売ったり買ったりという注文を出すのです。手数料は、ネット証券の台頭によって、以前とは比べ物にならないほど安くなっています。そのため、手数料が利益を食ってしまうことはまずありませんので、株を買った後に上がるか下がるかだけで利益が出るか損をするかが決まります。極端な話ですが、50%ずつの確率で利益を得ることができるのです。10万円で買ったものが15万円になれば5万年の利益ですし、5万円に下がれば5万円の損失になります。利益でも損失でも手数料が引かれますが、高くても数百円です。
スロットの仕組み
スロットは、コインを購入した時点で、大幅に負けているのです。スロットをするためには、パチンコ店に行きます。パチンコ店の、店舗建設費や修繕費、スロット代の購入費、人件費、光熱水費、その他の様々な運営費が必要です。それらの運営費が、コインを購入した時点で差し引かれるのです。もちろん、見た目にコインが減るわけではありませんが、スロットをプレイして出てくるコインから引かれているのです。この時点で、明らかにスロットの方が分が悪い事が分かりますね。

以上の様に、経費(手数料)の違いが大きいのです。もちろん、どちらもプロの方がいらっしゃるので絶対ではありませんが、参考にしていただけばと思います。

ページ上部へ戻る